Open Your Mind, Open Your Heart

ジャッジメント・ワークシートを書くコツ その2

ジャッジメント・ワークシートには6つの質問が書かれています。

質問その1は、「この状況において、誰に怒りを感じたり、混乱したり、悲しくなったり、失望しますか? それはなぜですか?」というものです。

flowerこの質問の答えが、これから書いていくジャッジメント・ワークシートの大切な根幹となります。
一体自分がどこで、誰に対して一体何故その感情を感じたのか、しっかりとその場に戻って再体験しながら書きます。

この部分のなぜならの部分に対するこたえは短くシンプルな文章で1つのみが理想です。
たとえば私の場合、母が私の大切にしていたぬいぐるみを勝手に捨てたのを知ったとき、様々な感情がありました。

怒り、悲しみ、喪失感、恐怖。

そのどれも、ひとつの理由で書き表すことは可能です。
私は、お母さんに怒っている。何故ならお母さんは私の大切なぬいぐるみを捨てたから。
私は、お母さんに悲しんでいる。何故ならお母さんは私の大切なぬいぐるみを捨てたから。
というように。

でも、よーくよーく感情を見て、その状況をよく感じてみると、

私はお母さんに怒っている。何故ならお母さんは私の気持ちなんてどうでもいいと思っているから。
私はお母さんに悲しんでいる。何故ならお母さんは「私の大切なもの」を捨てて、平気だから。
私はお母さんに喪失感を感じている。何故ならお母さんは「私の気持ちを捨てたから」
私はお母さんに恐怖を感じている。何故ならお母さんは実は私のことを愛していないから。

とちょっとずつ理由が違うことにきづくことが出来るかもしれません。

最初は、「お母さんは私の大切なぬいぐるみを捨てたから」みたいな実際に起きたと思われるものを書き出して構わないと思います。

でも、自分のより本当の気持ちが分かると、ワークはずっと質問がしやすくなります。上の中で一番自分にぴったりくるものをひとつだけ選んでそれを元に質問2、質問3へと移っていきます。

明日は、質問その2のお話をします☆お楽しみに。

 

ひとりでは良く分からない自分の気持ちを一緒に深く見つけながら、ワークをより深く、よりじっくりとテーマを絞って行うセッションをご用意しました。

是非一緒にワークの旅をしましょう。

→ 詳細はこちらから。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)