Open Your Mind, Open Your Heart

ジャッジメント・ワークシートを書くコツその8

さあ、ここまで6日間かけてジャッジメント・ワークシートをある特定の場面に対して書いてきました。
再度質問1~6までの質問と私の答えをここに書き出してみます。

 

質問1「この状況において、誰に怒りを感じたり、混乱したり、悲しくなったり、失望しますか? それはなぜですか?」

私はお母さんに悲しんでいる。何故ならお母さんは「私の大切なもの」を捨てて、平気だから。

 

質問2「この状況において、あなたはその人にどのように変わってほしいですか? 何をしてほしいですか?」

私はお母さんに、私のぬいぐるみを返してほしい。
私はお母さんに、私に謝ってほしい。
私はお母さんに、言い訳をしないでほしい。
私はお母さんに、自分を正当化しないでほしい。

 

質問3「この状況において、あなたはその人にどのようなアドバイスをしますか?」

お母さんは、自分がそうされたらどういう気持ちになるか考えてみるべきだ。
お母さんは、私に敬意を払うべきだ。
お母さんは、私がどんな気持ちなのか私に質問するべきだ。
お母さんは、そしてそれを良く聞くべきだ。
お母さんは、自分の気持ちを私に話すべきだ。

 

質問4「 この状況において、あなたが幸せになるために、その人は何を考えたり、言ったり、感じたり、行う必要がありますか?」

私はお母さんに「怖かったね」と抱きしめてもらう必要がある。
私はお母さんに「お母さんが悪かったよ」と謝ってもらう必要がある。
私はお母さんに「あきの大切にしているものがわからなかったんだよ」と説明してもらう必要がある。
私はお母さんに「あきが大好き」と言ってもらう必要がある。

 

質問5「この状況において、その人のことをどう思いますか? リストアップして下さい。(心狭く、批判的に。)」

お母さんは、冷たい、愛情がない、非人間的だ、横暴だ、思いやりがない、意地悪で、人として最悪だ。

 

質問6. 「この状況に関して、二度と体験したくないことは、何ですか?」

私は二度とお母さんに自分を捨てられたと感じたくない。
私は二度とお母さんに私の気持ちを軽く扱われたくない。
私は二度とお母さんに嘘をつかれたくない。

 

どうでしょうか?私のジャッジメント・ワークシートを読んで何か気づいたことはありますか?
私は、自分自身が母親に怒っていながらもどれほど母親を求めていたのかを感じました。
むしろ母親が大好きだから怒っている自分をみつけることが出来ました。

 

ワークシートも書く瞑想です。じっくりとその特定の瞬間に戻り、自分の気持ちを全部拾い上げてください。
自分がその一瞬の間にいかに多くの思考を信じていたことか、本当にいつも驚かされます。

 

さぁ、これでワークの4つの質問をする準備が整いました。
皆さんのワークシートはどのようなものになり、どんな気づきがあったでしょうか?
もしよかったらこのコメント欄でも、facebookでもシェアしてくださいね。

 

 

さて、先日から募集を始めた体験セッションですが、若干内容を変え、とても良い感じの内容になりました☆
自分の中からセッションをして皆さんに早くお会いしたい気持ちがたくさん湧いてきました!
もし変更後のセッション詳細をまだご覧でない方はこちらをご覧ください。

 

今のところあと7名様募集中です☆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)