Open Your Mind, Open Your Heart

決断は自らやってくる2

今日は昨日の補足。というかもしかすると蛇足かもしれないと思いながら書いてます。

 

自分の例で、「決断が自らやってきた」かどうかよく観察してみてください。というお誘いを昨日はしたのですが、それがあまりピンとこなかった方に向けての補足(蛇足)。

 

例えば、あるワークショップに参加しようかどうか悩んでいるとします。
申し込もうかと思うのだけど、何故かどうしても何かがひっかかって申し込めない。
そんな時、自分では何がひっかかっているのか分からないときありますよね。

 

案外と、自分がひっかかっていることが何なのかクリアなときは、結論を出すのは簡単なものです。
自分が、何にひっかかっているのか分からないからこそ解決策も見つけ出せずに結論を出せずに悩んだりします。また、そこを見に行くと見たくない自分がいそうだから、そこは見に行かないで「もうやだ~!!!決められない~!!!」と困ったままにしておいたりもします。

 

そんな時、誰かに相談してみてください。

 

「実はこんな素敵そうなワークショップがあって、申し込もうかと思っているんだけどね…」
「うん。」
「なぜか申し込めなくて~。」
「どうして~?」
「うーん。少し料金が高いかな~と思って。あと、本当に良いのかちょっとまだ確信に欠けるし、あと子どもの世話もお義母さんに頼むの憂鬱だし…。」

 

結構簡単に自分がどうして申し込めないと思っているのか、ひっかかっていることが出てきたりします。もし聞き上手でアドバイスを押し付けない、ちゃんとありのままを聞いてくれる人だったらもしかすると

 

「お義母さんに頼むの憂鬱なんだ?」
「うん。なんだか自分の都合の良いように人を使っているって思われていそうで。頼みたくないんだよね。」

 

なんて、更に自分の心の中にあった「人にお願いをする自分は都合のよい(自分勝手な)人だ」なんて思いがあることにも気づかされるかもしれません。

 

自分が何にひっかかっているのか分かるだけでも大きな一歩です。

 

そしてもしもその友人が、「お義母さんもたまには孫に会いたいものよ~。良い親孝行になるんじゃない~?」

なんてすごく気にかかっていたことをピンポイントで違う見方を見せてくれて自分が納得出来たら「あれ?そうだよね。何悩んでたんだろう~。申し込もう~。」となったりしませんか?

 

逆に友人が「お義母さんに預けるって気が重いよね~。借りを作りたくないっていうか~。」

なんて言ったとしてもある意味諦められるという意味で解決してくれたら「やっぱり~?やめておこうかな~。」と決断出来たりしますよね。もしくは逆に火がついて、「そんな風に言うけど、やっぱり私試してみたいのよ。やっぱり申し込む!」なんてことにもなったりしますよね。

 

だから私たちは人に相談したいのかもしれませんね。自分の気持ちが分かるようになるから。

 

でも人が何を言っても、やっぱり決められないときももちろんあります。この決断が自分の人生を大きく左右するように思われる決断の時はなおさらです。またその人が言ってくれたことと自分のハートの声がピッタリ来ないとき、余計もやもやしたりしますよね。そんな時は、もうただ悩んでいいのではと思います。

 

無理に決断をしない。

 

 

悩んで悩んで苦しんむことが悪いだなんてことはないのだから。

 

 

何を言いたかったかというと、決断が出来るときは出来るし、出来ないときは出来ないよね。ということでした。でも悩んで色々考えたり、行動したりしているうちにいつの間にか、「やっぱりこうしよう」そんな風に思う時が、私の人生にはたくさんあったなと思うのです。それが正しいのか間違っているのかその時は分かりませんでした。でも今から振り返ってみると、もちろん正しい決断でした。だってそれしか出来なかったのだから。

 

 

こんな風に、自分が何にひっかかっていてどうしたらいいのか分からない、そして、じっくりと自分の話をアドバイスなしにただ聞いてくれる人がほしい。そんな時は、私はプロのセッションを受けます。だってとっても心地良いし、自分で決断が出来るようになるから。普段の場でこんなに私の話を否定なしにただ聞いて、理解してくれる人って少ないですものね。今日もカウンセリングセッションと、ザ・ワークのセッションのダブルセッションを受けて、色々見えました。「なるほどね。そう思ってたら動けないよね。」という感じでした。

 

世の中には素敵な方がたくさんいらっしゃいますので、ご自分にピッタリくる方をみつけて行ってみるのも良いかもしれませんよー。

 

 

もしよかったら、私もお話聞きますので、いらしてくださいね。

→ セッションの詳細はこちらから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)