Open Your Mind, Open Your Heart

「私はバカだ」の呪い

今日友人とワークをしていて出てきた誰かが自分の言うことを即座に理解しないときのイラッと感。

それを見ていくと、自分が自分のことをものすごくバカだと思っていることにぶち当たりました。

 

amI小さい頃、いつも何か気の利いた頭のいいコメントを言わなければいけないと緊張していて、結局何も思いつかず、友達の言ったことと同じことを繰り返して言ってみんなにシラーっとされていた私。

そのとき、自分のことをものすごくバカだと思った感覚。

 

いつだって素晴らしい発言をする人がいるところで、私は何も上手に発言できなくて、ずっと私は自分がバカだと思っていて恥ずかしかった。

今日はそんな私の思考のワークをシェアします。

 

「私はバカだ」

そう思うと、胸が締めつけられるほど痛くて、悲しくて、泣きたくて。恥ずかしくて、消えたくて、バカじゃないことをアピールしたくて、でも頑張っても何も思いつかなくて。私の存在なんかなければいいのにと思ったこの感覚、今も強く感じます。

 

「もしもその考えがなかったら?」
「もしも私が素晴らしい言葉を何ひとつ思い浮かばないとき、『私はバカだ』と思わなかったら?」

すごく楽。自分を追い込まない。ただすごいなぁと誰かの発表を聞いている。そこに比較はなくて、ただその場を楽しんでいる。

 

「私はバカではない」その理由と証拠は?

なぜなら、その場で何も思いつかない人間が必要だったから。それが私の役目だっただけで頭の良さは関係なかったから。

自分は何も思い浮かばないということが分かっていたから。

受け入れられる事を言わなければ、と聞き手の望むことが何かを一生懸命考えていて言うことが思い浮かばなかっただけ、もし自由に思うことを言ってよければ、「分かりません」でもなんでももっと自由に自分の意見を言えていたから。

 

「私はかしこい」その理由と証拠は?

「受け入れてもらうには、相手の望むことを言わなければいけない」という思考を信じていた私が何も言うことを思い浮かばなかったのは当然の結果だから。相手の望むことなんて分かるわけがないから。

自分の意見を自由に言ってかつてバカにされたことを覚えていて、そこから学んで自由に言うより受け入れられねばと学んだからかしこい。

私は「相手に受け入れられる」ことを第一の目標にしていたから、そのためには自分の自由な意見を言っても仕方ないと思っていたからかしこい。

 

「私の思考はバカだ」その理由と証拠は?

私は本来そのままで大丈夫なのに、一生懸命人に受け入れられようとしてそして自分自身を恥ずかしく思うという本末転倒なことをしているから。

私の思考は、自分はバカだと思えば傷つかない、もっとがんばれる、自分を責めれば私は楽になると思い込んでいたからバカだ。

私の思考は、自分のことを好きなくせに嫌いだと思ってずっといじめてきたから。私の思考はバカだ。

 

 

自分のことをいじめることが当たり前になっているこういう一つ一つの思考に会っていって、誤解を解いている日々です。

みなさんの呪いのことばはなんですか?

 

 

「私はバカだ」どうしてそれが私にとって、世界にとって、人々にとっていいことなのか?

snow

ごめんね。ずっとバカだと思ってきて。

私は自分にはない他の人のひらめきを素晴らしいと受け入れることが出来るから。それを感謝できる力があって、そうすると人ともっとつながれるから。

私は全部何もかも出来る必要がないから。他の人が得意なことはその人に任せればいいから。私は私のできることをただすればいいから。

他の人が自分はバカだと思い傷ついているとき、その痛みが分かるから。一緒に感じられるから。バカじゃないことがよく分かるから。

私のできること以外は私はバカかもしれない。それで何の問題もないから。私はバカで大丈夫だから。

 

 

I love you.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)