Open Your Mind, Open Your Heart

愛のために、ただ愛のために、疲れる~

これは先日の記事の続きです。

 

先日の記事では、相手が怒っているとき、感情的になって苦しそうに見えるとき、

私は相手を助けてあげたくて、

相手の意見を選び、自分の意見を我慢する

ことを覚えたという気づきをシェアしました。

 

 

この気づきには続きがあったので、今日はそれをシェアしますね。

 

 

その続きとは、

私は誰かが怒っているとき、「この人は不幸せで大丈夫じゃない」と信じるので、

その人に無意識のうちに、

「正しいこと」を教えてあげようとしていたんだという気づきでした。

 

 

あの人はもう少しこうした方がいい。。。この人には電話をかけて。。。そうそうあの看板はもう少し。。。

あの人はもう少しこうした方がいい。。。この人には電話をかけて。。。そうそうあの看板はもう少し。。。

カフェでも、ドラマの登場人物にも、友達にも、家族にも、

自分が「あ、この人間違っているなぁ。苦しいだろうな。」と思うと

頭で正解をその人のために考えてあげて、

そしてそれを伝えようと必死になっていました。

 

 

だから、私の頭はいつも忙しかったのです。

街を歩けば、人の表情を見て、その人の為に考えてあげて、

頭の中で色々と提案をしています。

 

 

これがまだこのように遠い関係の人ならまだしも、

近い人(親や姉妹)だと本当にアドバイスします。

 

 

誰の、なんの役にも立たないのに、

これが愛だと思っていたんですよね~。

 

 

なんと不毛で疲れることをしていたのでしょう~!

でも、気づくまではやめられないものです。

というか、気づいたら思考から離れていってくれます。

 

 

こうやってワークを続けていると

今見るべき、気づくべきことがテーマになって

数珠つなぎに色々と現れ出てくれます。

題材は全く異なるものを取り扱っているはずなのにね。

 

 

 

そして今日も面白いワークが出来ました。

これはまた続きます。

 

 

そうそう。面白いこと始めました。

このブログの右側に「ブログをメールで購読」という欄が出来たのをお気づきでしょうか?

ここにメールアドレスを入れると、このサイトにブログを読みに来なくても

メールにこのブログの記事が届くらしいです。

便利~!

 

 

ということで試しに入れてみました。

登録してみた方はご感想教えてください。

 

 

 

ワークは自分で出来ます。探求のやり方、向き合う姿勢を知り、ご自分の生活に活かしませんか?

自分の領域に戻るバイロン・ケイティのワーク 今後のワークショップ開催予定

10月のワークショップ in 大阪

 

心屋仁之助さんの「いいかげんに生きる」をテーマにバイロン・ケイティとのコラボイベントやることになりました。

詳細はこちらから❤

見てね。

 

ワークの探求を吉田あきと一緒にしてみたい方は個人セッションにいらしてください。

セッションの情報はこちらからご覧いただけます❤


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)