グル

morningbreeze

朝の冷たい空気。そこにもグルはいる。

君をお腹が痛くなったり、鼻がブタみたいに鳴くまで笑わせる人が、君のグル。

君の目に涙をもたらす人、隠していた秘密を涙とともに出させる人が、君のグル。

君を刺激して、古い痛みを呼び覚まし、最も恐ろしい恐怖や望みと向き合わせ、

真実を話すことを助けてくれる人、それが君のグル。

すべての呼吸が君のグル。すべての鼓動。すべての音も。

君の頬をなでる朝のそよ風が君のグル。

エンジンのかからない車、失ったチャンス、守られなかった約束、折れた骨、これらもみんな君のグル。

君の愛する人、ものすごくイライラさせる人、うんざりするほど退屈な人、思い出したくもない人、

去って行った人、彼らも君のグルなんだ。

この人生すべて、すごくはかなくて、すごく今にある、すごく豊かに祝福されたもの、それが君のグル。

グルを探しに、僧院や教会、寺院の中に行くことは可能だ。

インドの山の頂にある洞窟の中に真の救いを求めて出かけることも。

でも、友よ、もしもこの瞬間に深く目を開いたなら、君は自分がもうすでにそこにいることに気づくだろう。

真の祭壇は君の立つ場所にある。聖なる書は瞬間毎に書かれている。

神の王国は地球のあらゆるところに広がっていて、開かれた目を待っている。

-ジェフ・フォスター(The Way of Restより)

翻訳:吉田あき

 

THE GURU

The one who makes you laugh until your stomach hurts and you snort like a pig is your guru.

The one who brings tears to your eyes, the one who makes you weep your secrets out, is your guru.

The one who challenges you, triggers old pain in you, makes you face your deepest fears and longings, helps you tell the truth, is your guru.

Every breath is your guru. Every beat of the heart. Every sound.

The morning breeze caressing your cheek is your guru.

The car that won’t start, the missed opportunity, the broken promise, the shattered bone, these are all your gurus.

The ones you love, the ones who frustrate you like anything, the ones who bore you to tears, the ones you don’t want to remember, the ones who left, they are your gurus too.

This entire life, so fleeting, so present, so rich with blessings, is your guru.

You can go find your guru in an ashram, a church, a temple; you can seek your true salvation in a cave on a mountaintop in India; but, friend, if you look deeply into the present, you will find you are already there.

The true altar is where you stand; the holy book writes itself moment by moment.

The Kingdom is spread out over the earth, waiting for open eyes.

– Jeff Foster (from ‘The Way Of Rest’)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)