Open Your Mind, Open Your Heart

自分を信じる、相手を信じる

今回のワークショップ後に、滋賀に住む友人宅に遊びに行ってきました。

彼女の3歳になる娘さんとたくさんの時を過ごさせていただいたのですが、その時にすごいことが起こったので今日はそれをシェアしようと思います。

 

信頼って楽しい!

信頼って楽しい!

友人の車に乗り、駅まで送ってもらう途中ふと後ろを振り向くと、後部座席に座る娘ちゃんが窓から手を出して自分の人形を下に向けてぶらんぶらんしているのを急にみつけました。

その時の私の咄嗟の反応は「わぁ!!お人形落ちちゃうよ!!」と大きな声で彼女に注意を喚起するというものでした。

すると、それを聞いた彼女は急に泣き出しました。
私としては怒ったつもりがなかったので、泣かすつもりじゃなかったんだよと色々言ってみるのですが、彼女は泣きやみません。これを泣くのをやめるように言うのもかわいそうで、そのまま泣かせておきました。

が、なんだかもやもやします。

一体何が起きていたのだろう?そのことは数日たっても私の頭に残っていました。

 

すると今日、あるクライアントさんを通して、自分を見せていただく機会に恵まれました。
私は自分のことを本当に信用していなくて、放っておいたらどれだけダメなことをしてしまうかと心配で、いつも自分を監視し、「それはだめ。あれはダメ。どうしてこれが出来ないの?」と自分を責める母親のように自分自身にずっと接していたのだということに気づくことが出来ました。

 

その時に、ああこれがあの時起きていたことだったのね、と分かりました。

 

私の友人は、娘さんのことを信頼していたのです。
お人形を窓からぶらぶらさせていても、そしてもしも落としてしまっても、大丈夫だと彼女を信じていて、「それは危ないよ。」とか「そうしちゃダメ」とか言わないで彼女を育ててきたのだと思います。

 

それを、自分が自分を信用していないで、自分自身にさえ「それはダメ。これはダメ。あなたは私がちゃんと注意していないとすぐにバカなことをするんだから。」とまるでそうすることが愛かのように振る舞いながら、私自身のことを全く信用せずにコントロールしている私が、「危ないよ。私が言う通りにしていれば大丈夫よ。」というように彼女の力を奪うようなことをした(彼女の領域に入った)から、彼女は泣いてしまったのです。(多分)

 

おおお。なんと!

 

大変申し訳ないことをしたのですが、私にこれを教えてくれるために、あんなことをわざわざ起こしてくれたのかもと思うと、娘ちゃんの偉大さ、宇宙の壮大さに胸を打たれました。

 

今回、ワークショップ後、急に京都にもう一泊することを決めたのですが、実はこれ、私にとってはすごい冒険でした。

 

kyoto

「ワークって禅問答みたいですね。」

私は自分自身のお金の使い方を信用していなくて(このことに気づいたのは今日ですが)、「放っておいたらすぐに無駄遣いをしてしまう、彼女にお金を好きなように使わせてはいけない、私がちゃんと気をつけてコントロールをしていなければ。少しでも彼女が無駄遣いをしたら私が気づいて止めなければ。」というようにずっと生きてきたのですが、

この旅行中は、「もうお金の心配するのやーめた!好きなように使って良いよ!美味しいもの食べて、好きなところに泊って良いよ!」と監視役の任務を降りたのです。(無意識でしたが。)

 

そうしたら、私の中のお金を使うことを信用されていなかった部分の子がとっても喜びました。

そして、自由にお金を使いつつ、彼女は賢くて決してバカな浪費はしませんでした。

私が何もコントロールして監視していなくても、彼女は自分の采配でお金を使い、人生を楽しみました。

 

おそらく私の人生の中で、数少ないお金を心配しない時間でした。

 

わぁ。こんな風に自分を信用すると、自分がとっても喜ぶなぁ。と思いながら帰ってきていたので、この体験と、友人の娘ちゃんとの事件と、クライアントさんとのセッションに豊かな理解を得ることが出来ました。

 

こんな素敵な子育てをしている友人、自分の感性にまっすぐに生きている娘ちゃん!本当に美しいですね❤

 

自分を信じることが出来ると、人を信じることも出来るようになるのですね。

愛を送ります❤

 

Open Your Mind, Open Your Heart

吉田あき

 


3 thoughts on “自分を信じる、相手を信じる

  1. 匿名

    あなたがその女の子にしたこと、それとおなじ種類のことをされて育ちました。そして、無気力、虚無、になりました。
    そうか。
    泣くこともできなかったんだ。
    泣いていいんだ。
    泣くと嫌がられました。見捨てられないよう、泣かないようにし、泣かなくなりました。
    今も、泣けません。
    泣きかたがわからないようです。

    すごいパワーですね、支配者によるコントロールの力って。
    防げない。
    思考のエナジー、すごいパワーだ。
    それが言葉になって、相手にぶつかっていく。

  2. 匿名

    ↑すみません、思わずコメントしてしまいました。
    発見を、ありがとうございます。
    気づきが私を解放してくれる。
    そう感じるこのごろです。

    1. aki Post author

      おはようございます!泣くことも出来なかった。私も実は同じでした。
      私もそうやって固まったまま大人になった口です。
      今、あのとき、固まった子とワークを通して再び出会えてその子と共に一緒に泣けることが嬉しい日々です。
      気づきって大きいですよね。
      コメントありがとうございました❤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)