Open Your Mind, Open Your Heart

放っておいたら私は食べることをやめられない?

先日のブログに書いたクライアントさんが、セッションのことをシェアすることをご快諾くださったので今日は先日のセッションをご紹介します。

food彼女は、もうずっと長い間過食をやめられずに、様々なセッションを受けていらっしゃり、私のところに来てくださる頃にはとても疲れ切っていたそうです。

私が、「食べることでバランスを取っているかもしれないから、急に食べるのをやめようとさせるのはちょっと厳しいかもしれませんよ。」と言ったら、「でも、食べることが苦しいんです。」とおっしゃっていらしたのが印象的でした。

 

そこで、「食べることを我慢できない自分への罪悪感」をテーマにジャッジメント・シートを書いていくことになりました。

「我慢できない自分はダメな人間だ」という文章を問いかけていくと、

 

置き換えで「我慢できる自分はダメな人間だ」という文章が彼女の口から出てきました。

それってどういうことなのだろう?とその文章が正しいかもしれない例をみつけていくと、

食べることで一生懸命日々のストレスからバランスを取っている自分を無理矢理力づくで我慢させることは出来るかもしれないけれど、そうする自分は「あなたは全然自分で自分のことを守ることが出来ない、ダメな人間なのよ!私に任せておきなさい!私の言うことを聞いていればいいの!ほら!あなたは本当にダメね!!!」と怒っている、ダメな人間だという例が出てきたんです。

全く子供の力を信じていないコントロールばかりしている親のようです。

「あなたのことは私が一番分かっているの。あなたは何も分かっていないでしょ?ほら私の言う通りにしなさい。」

そんな風に必死に髪を振りみだして頑張っても、得られるのは、自分自身からの拒絶です。
力づくで変えられることを誰も好きではないでものですよね。

 

以下、彼女自身のセッションのふりかえりです。

 


あき さま

 

こんにちは。

昨日はありがとうございました。

 

これまでは食べることについての考えが堂々巡りだったのですが、

昨日ワークをしていただいて、食べることが苦しいというより、

自分の「考え方」に苦しめられていたんだなということが腑に落ちて驚きました(^^;

 

以下、ふりかえりです。

 

 

・ 置き換えの「我慢ができるダメな人間だ」

 

我慢ができない、だからダメ、という思い込みが一瞬で消えました。

 

・ 私が私を常に見張っている。

 

私を含め、だれかを常に見張り、注意することで自分が役に立てる、自分の価値があると

思っている。常にダメ出しをしている。

 

・ 放っておいても、私は食べる量がわかっているかもしれない。

 

こんなことは考えたこともなかったので驚きました。確かに、適量を食べるなんてできるはずがない

私がちゃんとコントロールしていなければ、と思っていましたが、そもそもコントロールできないから

苦しんでいるのだし、もしかしたら放っておいたほうがいいのかも、と感じました。

口うるさい母親、ぴったりです(笑)

 

・ 「私は私を苦しめてもいい」 見張っていることに気づくチャンスがたくさんあるから。

 

食べること=苦しい、つらいこと、罪悪感でいっぱいになること。が私の中で常 識でした。

でも、このように考えるだけでも、少しつらさがやわらぐ気がしました。

 

 

なんだかわからないけど生きづらい、と思ってきましたが、これだけ見張っていれば窮屈だし疲れるよね、

と思いました(笑)

 

ワークって、華やかで劇的ではないけれど、こんなふうにじんわりと腑に落ちていくんだなと感じました。

ワークの良さが少しわかった気がします。

 

ありがとうございました(^^)


 

自分自身と向き合うのってとても勇気のいることです。

それを真摯に向き合い、自分を許し、自分のしていたことに気づき、笑えるってすごいことだと思います。

Kさんはとても強い人です。

 

そしてゆるくてやわらかくて弱い人だと思います。

素敵なその弱さを楽しんでくださいね。

弱いってしなやかな弱さだと思うので❤

 

愛を送ります❤

Open Your Mind, Open Your Heart
吉田あき


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)