「私は行為者ではない」

ケイティが良くこう言います。

“We are not a doer”. (私たちは行為者ではない)

 

あなたは誰?

今までこの意味が頭でしか分かっていなかったのですが、

ここ最近この意味が体感としてじわじわと分かるようになってきています。

 

 

 

やりたいと頭で思っていても、心が響かない。だからやれない。

反対に、頭ではそんなことはしても意味ないでしょ、と思っていても何かがもうそれをすることを知っている。

だからそれをやっている自分がいる。

 

そういうことと、戦えないところに私は来ています。

今まではこの流れに乗ることがこわくて、ずっと拒否してきました。

思考である私が、アイデンティティの私が、舵を取るをやめてしまうのですから。

 

私がコントロールしないで良いはずがない、

私が私を生きないなんて良いはずがないと

そう思ってきたのですが、もうここまでくると降参するしかないようです。

 

 

私が何もしないとき、何かが私を動かし始め、他人にはそれが私の行為に見えるのではないかと

そんな風に思います。

 

 

今週は、私の意図に反してずーっと毎日外にフルに出ていました。

先週の日曜日から今週の土曜日までびっしり毎日。

 

 

私の頭で考えたら、こんな計画は絶対に立てないのに、何故かそういうスケジュールになっていて

私はそれを生きている。

 

 

I’m not a doer.  今ならそれが少しわかる気がします。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)