思考は戻ってくる 呼吸のように

何度問いかけても同じ思考が戻ってくる、それが嫌だ、一度で全部消すことは出来ないのかと訴えた参加者に対してのケイティのコメントです。

 

beliefs「私の経験では、静かなマインドというのは存在しません。

あなたは自分の友達や子供たちを消し去りたいですか?

あなたのストーリー(思考)は彼ら(友達や子供たち)と同じです。それはあなたから生まれ、そしてあなたの中に戻っていきます。呼吸のように出たり入ったり。

 

もしもあなたが理解と共感をもってあなたのストーリー(思考)と向かい合ったならば、この探求(ザ・ワーク)はあなたに寄り添ってくれる友人のようにやさしいものとなるでしょう。

そうすれば、この(思考の)循環を呼吸のように感じるでしょう。川の水が流れてまた戻ってくるようなものとして。

 

探求をしない時、あなたのストーリー(思考)は現れてきて、そしてそのままそこに残ります。

それは、時間のように、空間のように、場所のように見えるでしょう。

あなたが唯一休息できるのは、夜意識を失っているときか、恋人と一緒にいてこの瞬間が求めていた時だと思う時です。

 

しかし、ストーリー(思考)こそが刺激的な恋人なのです。あなたのストーリー(思考)以上にあなたをワクワクさせるものはありません。

一度あなたが探求とその先にある内なる世界をみつけたら、それこそがロマンスです!

 

ストーリー(思考)以上に素晴らしい探求者はいませんし、探求する事が楽しいこれ以上のものも存在しません。

だから思考がまた戻ってきて私たちがそれにまだ固執していることを示したとしても良いではありませんか。

 

どのストーリー(思考)にあなたはまだ固執していますか?

どのストーリー(思考)にあなたはまだ友人として出会えないでいますか?」

 

バイロン・ケイティ

 


何度問いかけても、その思考から楽になれない、そんな思考、私にもあります。

以前はそれを「がんばれば」消すことが出来ると信じていました。

思考を「私のもの」だと考え、「私が」なんとかすることは可能だと信じていたからです。

 

バイロン・ケイティのワークを続けていくと、その思いを信じることも自分にストレスを与えていたことに気づきくかもしれません。

思考は現れては消えていく、自分が考えようと思って呼び起こしているものではないことに気づくと、思考にもそして自分自身にもやさしくなれます。

 

吉田あき

 


 

“My experience is that there is no such thing as a quiet mind.

Do you want to get rid of your friendship or children?

Your stories are the same thing.  They just come out from you, and back, like a breath, in and out.

 

If you meet your stories with understanding and compassion, and this investigation is as friendly as the most compassionate friend.

Then it will make this circle just like a breath.

Just like the river flowing back to itself.

 

Without investigation, it goes out and it stays out.

It looks like time, space, and place.

And only your rest is to pass out at night or to experience a lover in a moment and think that’s it.

 

But the story is the enthusing lover.

There is nothing more exciting than that.

Once a person discovers investigation and internal world, ah that’s the romance!

There is no greater pursuer, and nothing is more fun to pursue.

 

So, good if it comes back to show us we’ are still attached to it.

What story are you still attached to?

What story is it that you don’t meet as a friend?”

 

Byron Katie


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)