東京ワークショップのお知らせ

先日新しくなった東京ワークショップの2回目を行いました。

workshop3何が新しくなったかというと、今までよりぐっと人数を少なく最大4名限定にしたという点、そのことで私がみなさんのペアワーク中に結構な時間滞在することが出来て、なんとなーくこんな感じかなぁと流してしまいそうなワークの探求をぐっとサポートする事が出来るようになった点です。

4名になったことで、アットホームな雰囲気で、質問があるときはどんどんしてもらえるし、シェアもたっぷり、ペアワークもゆったりと出来るようになりました。

 

4名という少人数なのでワークショップの回数自体を、もっと頻繁に行う方向に変えました♪
また、参加したい方の希望に合わせて日程も相談して決められるようにしました。

ということで、とっても自由なかたちのワークショップに変わっています。

この形式になってから、今回は2回目だったのですが、なんだかとっても良い感じ❤でした。

 

みなさんからのお言葉をいただいた時、この少人数ということを楽しんでいただけたみたいで本当に嬉しかったです!

T さん
「先生」と「生徒」というような上下がなく、「一緒にワークをしている」感じがしました。

M さん
吉田さんはワークに命をかけていることが伝わってきました。

のりこさん
アットホームな感じで安心してワークをすることが出来ました。

S さん
詰まったときにすぐに聞けたのでとても良かったです❤

 

わーん。ありがとうございます。
私の方こそ、ワークに興味を持ってくださり、参加してくださったこと、勇気を持って自分の思考に問いかけてくださったことに感謝しています。オープンマインドな素晴らしいメンバーでした❤

 

今回思ったのは、皆さん一人一人ここに至るまでの背景や学んできたことなどが異なるのですが、そんなこと全く関係ないのだということです。

非二元ということばが今回出てきて、ご存知の方やそうでない方がいらっしゃいましたが、そんなこと全く知っている必要もないし、知っていればそれがすごく役にも立つしたまに邪魔にもなるし、どちらも全部OKでした。

 

参加者の方が、私がワークに命を懸けているのが伝わってきたとおっしゃってくださいました。

そんな風に捉えていなかったので、驚いたのですが、なるほどそうだなとそう聞いてからどんどんじわじわスルメのようにそのことばが私の中に沁みてきています。

 

一流の漫画家の方々の作業風景を定点カメラで撮影し、その様子を見させてもらう浦沢直樹さんの漫勉という番組があります。その番組でもう何度も見たのが、漫画家の方が1枚のページを描きあげるのにアングル、デッサン、線の太さ、顔の表情様々な細部にこだわり何度も何度も描き直し、何時間もそのシーンと向き合っている姿でした。

もうそれは、大変な集中力を必要とする作業で、読者がもしかすると飛ばし読みするかもするような漫画の1コマ1コマにそんなにそれこそ命を懸けて描いているとはと驚かされるばかりのものです。

それをでも彼らはにこやかに言うんです。「楽しいんですよね。」「絵が上手くなりたい。ただそれだけなんです。」と。
もうめちゃくちゃ楽しんでるんです。

 

私のワークもそんなところが彼らと共通するなと思いました。
楽しいのです。もうそれはもう。
自分のワークをするのも、誰かのワークを一緒に見守るのも。

毎度毎度そんな美しいものが私たちの中に隠れていたのかとその美しさに驚かされ、感銘を受けます。

どうやったら私がその人の一番奥の「直すべき」場所をみつけてそれを直せるかというテクニックに走ったことがかつて私にもありました。しかし、今はいかにワークのプロセスを信じて、どんなことがそこから出てくるのかただその流れに任せるようになりました。

「私の」行うことではなく、大げさな言い方をすると、神(宇宙?自然?大きなもの)との共同作業的な感じがします。

そうなるようになる流れに抵抗せずに私も一緒に乗ったとき、すごく芸術的なものが生まれる、ような感じです。

 

そんな風にワークを探求を日々私自身に行い続けています。
どうしてか?どうしてなのでしょうね?

ただ好きだから。そうすることがとても自然だから。
そしてこれが、これからワークを探求していく方のお手伝いをするのに役に立つことが出来るのならそんな幸いなことはないなと思います。

 

さて、もう来週末になりますが、4月1日2日にもワークショップを行います。
実はまだ空席あるのです。もしも行ってみようかなと思われていらっしゃいましたら、是非いらしてください。またゴールデンウィークの初日4月29日30日にもワークショップを企画しています。

また、これ以外にもご都合に合わせてワークショップの日程を組みますので、ご相談ください。

 

✿ 詳しくはこちら ✿


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)