グルの終わり

先日ある方のワークのファシリテーションをしていて、ふと私の中から出てきたことば。

「どんなにワークを続けていっても、思考が出てこなくなるということはない。思考は無限に現れ続けるし、その中の多くに私はまた反応するだろう。」

 

aki_400_520これを口に出した時に、ふと頭に浮かんだのは、ジェフ・フォスターもそう言っているし、アジャシャンティーも言っていた。
私の尊敬するティーチャー達もそう言っているもんね。と、自分の経験をティーチャー達のことばによって「正しいもの」にしようとする私のマインドの声。

 

と、同時に、「これが本当に私の経験から出てきた言葉で、ティーチャー達のお墨付きはいらないんだ。」という妙にクリアな納得の声。

 

自分の経験をそのまま口にすればいい。

あのティーチャーが言っているから、このティーチャーもそう言っているから。

そんなバックアップはもう必要ない。

 

ただ、自分に起きている真実を口にすればいい。

 

 

I have nothing to offer.

And yet I keep offering the world.

Because nothing is what I can offer.

 

-Aki


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)