ワークショップ東京

Pocket

Let's do The Work
2018/5/4-5  9:30AM-4:30PM

The Work of Byron katie Workshop

バイロン・ケイティのワークを学ぶ2日間
2018年5月4日(金)5日(土)
09:30-16:30  武蔵小山駅周辺施設

言葉を使わない問い直しのプロセス

1986年、ある一人の女性の人生は、どん詰まりにきていました。10年というもの、パラノイア、激怒、落ち込みがどんどんとひどくなり、何週間も寝込むこともまれではなく、家を出るのも怖くて、歯を磨くことすらできなくなっていたのです。

そんなある朝、突然、彼女は目覚め、現実に対するまったく異なる視点を持つことになりました。そこには、自分が誰であり、何者なのかという概念はまったくありませんでした。

彼女の本にはこのように書かれています。

「私はいなかった。あたかも、誰か別の人が目覚め、それが目を開け自分の目を通して見ている。すべてが理解不能だった。けれども、それはとてつもない喜びだった! それは、喜びに酔い痴れていた。分離というものは存在せず、受け入れることのできないものは何もなかった。

彼女のなかで目覚めたものは、言葉を使わない問い直しのプロセスで、それがあらゆる苦しみを解き放ちました。その日から、その
自由がなくなることは決してありませんでした。」

そうです、その彼女が、バイロン・ケイティです。

彼女と同じ体験をするにはどうしたらいいの?

どうしたら同じ状態になれるのかと多くの人が彼女に尋ねました。
そこで彼女は彼女と同じ体験をしなくても、誰でも彼女が「わかった」ことを「わかる」ようになるよう、「言葉を使わない問いなおしのプロセス」を、「言葉を使う問いなおしのプロセス」として『ワーク』を紹介し始めたのです。

ストーリーがなければあなたは何の問題も持たない

ケイティは言います。

「思考を信じていると私は苦しみ、信じていないとき、私は苦しまない。そしてそれはすべての人に言えることだと気付きました。自由はそれ位シンプルなものなのです。苦しみは自分で選択できるものです。私は、私の中に決して消えたことのない喜びがあることに気付きました。その喜びは誰の中にもあります、いつも必ず。」

“I discovered that when I believed my thoughts, I suffered, but that when I didn't believe them, I didn't suffer, and that this is true for every human being. Freedom is as simple as that. I found that suffering is optional. I found a joy within me that has never disappeared, not for a single moment. That joy is in everyone, always.”

—Byron Katie

出来事や人に、私たちはたくさんの意味をつけてそれを信じます。
例えば「この人は私をだました。」とか「この人は嘘をついている。」とか。
それを信じているときは、とても苦しいです。そしてその意味を信じていないときは苦しくない。

それほどシンプルなことです。でも、私たちは、「そんなこと分かってる!でもこの意味が本当ではないなんて思えない!」と、苦しみ持ち続けることを選択します。

たとえそれが苦しみであっても、人生が自分に対してひどく不公平で、冷たく、周りの人は問題だらけで、私はかわいそうといった「過去」や「アイデンティティ」を持ち続けること、怒り続けることを選択します。

ケイティは、それが間違っているとは言っていません。
そう生きることは選択であって、それを選択しない生き方も可能なことを彼女自身の生き方をもって示してくれています。

その選択を可能にするよう支えてくれるのが、ワークのプロセスなのです。

紙とペンさえあれば出来ます

ワークは、シンプルなプロセスで紙とペンと柔軟ささえあれば誰でも行うことが出来ます。

やり方および、必要な資料はすべて無料で提供されています。

無料ツールをご覧ください。

また、バイロン・ケイティの著書「ザ・ワーク」はワークの問いかけの教科書とも言われています。

参考書籍

他にもYouTubeではバイロン・ケイティの動画が多く紹介されており、ワークのやり方を学ぶのに、ワークショップに参加する必要はありません。

だから、どうぞワークショップに参加しなければならないと思わないでください。

まずは、ご自分でケイティの書籍を読み、動画を見て、ワークの問いかけをためしてみてから、「こんなときはどうしたらいいのかな?」「ワークの探求で詰まってしまう。こんなとき、誰か経験のある人に助けてもらいたいな。」と思ったとき、ワークショップに参加してみたらいかがでしょうか?

先生はあなた自身です

ただ、私も最初は思考の混乱だらけの中、自分自身の中に答えがあることを信じることが出来ませんでした。
ケイティのことばを読み、導かれて、ワークを探求し続ける多くの先輩たちに質問をし、そして少しずつ心が開かれていきました。

私は、本を読んだだけでは、問いかけを一人ですることは出来ませんでした。
たくさんの思考と混乱の罠にはまり、「こんなことをしたって意味はない」とやめてしまったこともありました。

だからワークショップを開きます。

もしも、ワークを始めたいし、そのパワフルさを感じているけれど、よく分からないとか、もっと深いものがあるのではと思っているとか、ケイティから直に学びたいけれど英語は分からないし、時間もない、だけどケイティのところで直にワークを探求してきた人に導いてもらいたいとか、助けてもらいたいというように思われているのなら、この機会を利用してもらえたら嬉しいです。

心の仕組みとか、苦しむのはこういう思考がこのように影響しているから、というベーシックな部分も、もし知りたいのならご相談ください。
私が大切にしたいのは、自分の中に、ケイティの言う「喜び」をみつける瞬間です。
普段は、たくさんの思考と混乱がその喜びを覆い隠してしまっていますが、ワークをすると、ケイティと同じ「わかった」が私の中から溢れてきます。

そんなプロセスのお手伝いをしていきたいと思っています。

バイロン・ケイティのワークを学ぶ2日間 2018年5月

DATE: 2018年5月4日(金)、5日(土)
TIME: 9:30AM-4:30PM
FEE: ¥30,000
PLACE: 武蔵小山駅

2日間のワークショップです。
フォローアップとして2回の90分グループセッションをプレゼントします!

参加者の方の声❤

caret-down caret-up caret-left caret-right
天神貴文さん リマオラ

あっという間の2日間でしたが、東京まで出てきた甲斐がありました。改めて「ワーク」はオープンマインドと子供のような探求心さえあれば驚くような場所に連れていってくれることを再確認できました。ますます探求が楽しみになりそうです。

クライアントの自発的な気づきを信じて待つ姿勢や、質問や置き換えをサポートする雰囲気や言葉がけの数々がとても参考になりました。

ウシオエリさん 片づけ習慣ナビ

ケイティさんに直接会いに行きたいけど、遠くて行けないし、英語もわからないので、ケイティさんを直接知り、ワークの経験や知識の深い公認ファシリテーターの吉田あきさんとつながりたかったし、ひとりでもなく、ビデオ通話でもなく、リアルな実践の場で相手の表情や空気を感じながらペアワークをしてみたかったのでワークショップに参加しました。置き換えをし、真実味のある例を探すことにより、相手の視点から物事を見るということがどういうことかというを初めて実感としてつかめました。息詰まった時に、ファシリテーターから別視点からの置き換えを提示してもらえると、自分では思い浮かびもしなかった大きな気づきが得られたました。

とても充実した二日間でした!本当にありがとうございました。

星ユカリさん Little Tree

光の道に進む具体的な方法が見えてきました。 セルフケアのカフェキネシと組み合わせても良いなぁと思いました。 思考に明るさが増しました。

昨年の2月から全ての自分の思考や行動を問い直す事が始まりました。9月に天地がひっくり返るような経験をして急にバイロンケイティさんのワークに興味を持ちました。 アキさんなら安心して深く学べる。と思って申し込みました。

何回も受講して学んでいきたいです。

よこたあすかさん

今回のワークショップはわたしにとってとても貴重な学びの場、そしてワークの喜びとその共有、凝り固まったエネルギーの解放の場でした。また、ファシリテーターとしてのあきさんのきらきらした姿に、感銘を受けました。自分の中にワークの世界をもっと深め、広げていきたい!という思いをわたしの中にしっかり感じる事ができました。

話を聞くこと、聞いてもらうことが深い癒しにつながることを学びました。

Yさん

本を読んでも表面的な理解しか出来ず、行き詰まりを感じていたので参加しました。ワークの方法を一から学べたこと。勘違いをしていた部分に気付くことができました。 ペアワークをして、自分では思いつかない視点をシェアしてもらえたこともありがたかったです。

貴重な体験をありがとうございました。これから生活のなかにワークを取り入れていきたいと思います。

Rさん

許せていない人、義母と母について多面的に解釈を見ていくことで、全く気づいていなかった視点を得られました。 義母については固く閉じていた私の心が少し緩んで、優しい気持ちになりつつあります。まだ少し引っ掛かりがありますのでワークするといいですよね! 母についても尊敬の気持ちが芽生えました。感情の解放が起こってびっくりしましたが、今日は凄く心が軽いです!

あきさん。ありがとうございました。 あきさんの全て肯定して受け入れてくれる姿勢、優しくねばり強い接し方、しっかりと場をホールドしてくれている安心感。 それが素晴らしいなぁと感じました。(*^^*)

吉田あき

東京都在住。バイロン・ケイティのワーク公認ファシリテーター。

幼少時より繊細で過敏な感性を持ち、生きることの意味を模索。

長い模索の果てに、たどり着いたシンプルなバイロン・ケイティのワークに心を魅了され、2015年公認ファシリテーターとなる。

カウンセラー、HSKキネシオロジスト、EFTプラクティショナー、RFTプラクティショナー。