今後の予定


ワークについて知ろう!オンラインイベント
Zoom

2018年12月29日(土)13:00~16:00 

 2019年1月12日(土) 13:00~16:00 

2019年1月15日(火)10:00~13:00

>>詳細


2019年1月5日(土)6日(日)
バイロン・ケイティのワーク、ワークショップ

>>詳細


Image Alt

Open Your Mind, Open Your Heart

「彼は私のことが好き」それは本当?

今日のワークのテーマ「彼は私のことが好き」

これは、面白いワークでした。

高校の頃、私に明らかに好意を寄せてくれていた男の子に焦って、拒否して、逃げまくった私。

 

皆さんも、こんな体験ありませんか?

 

どこかに「私のことなんて誰も好きにならない」という強いビリーフがあるにも関わらず、明らかに好意を寄せられていることが分かると、何故か逃げたくなる。怖いし、嫌悪感を感じる。。。

 

今日はそのことについて問いかけてみました。

私だけ好かれることがこわい

その思考を問いかけていくと、小さい頃の父親と姉たちとの関係が思い出されました。

 

末っ子の私は小さい頃、父にとても可愛がられていたのですが、それを見た姉たちに、「あきはぶりっこして~。お父さんはあきばっかり可愛がるよね~。」とよく言われていました。

 

その時、「私だけ好かれてはいけない。姉たちに嫉妬されてしまう!好かれないようにしなければならない!お父さんに嫌われなければ!」と思ったことを思い出しました。

 

それ以降、「男の人に好かれるということは、私が男の人に媚を売っているという意味で、だから女子に嫌われる、だから男性に興味なんてないよーと見せなければいけない」という風に必死に生きてきました。

 

なーるーほーどー。

 

それは高校生の時の、あの男の子に大変失礼なことをしました。

ごめんね。

あなたの純粋さは、賞賛に値するものだったのに!

もしもその考えを信じていなかったなら?

もしも、その考えを信じていなかったなら、私はもっと自由に人とつながれて、人からの好意を素晴らしいものとして祝福することができます。

 

その人が、私(のように見える人)に対して持つ好意は、その人が誰かに対して好意を持てる力を持っているサイン。誰かの良さを見ることができ、それが好きだと思うことができ、それを隠さず表現できる美しさの証。

 

実は、誰かの良さを見れるということは、自分の良さをその人の中にみつけられていること。

自分のことを愛せる証。

 

その人が好きなのは私ではなく、その人自身。

それを誰かに見れるその力。祝福しないではいられません。

彼は彼のことが好き

そう、置き換えは、「彼は彼のことが好き」。

 

彼が好きなのは、彼自身なのです。

 

それを私の中に見てくれていること、感謝しかありません。

 

私はそれを祝福したいです。

これからは誰かに好かれても逃げずにいられそうです。

 

 

 

 

Post a Comment