今後の予定


ワークについて知ろう!オンラインイベント
Zoom

2018年12月29日(土)13:00~16:00 

 2019年1月12日(土) 13:00~16:00 

2019年1月15日(火)10:00~13:00

>>詳細


2019年1月5日(土)6日(日)
バイロン・ケイティのワーク、ワークショップ

>>詳細


Image Alt

<span class="dojodigital_toggle_title">自分の力を取り戻すセルフエンパワメントメソッド</span>

セルフエンパワメントメソッドとは?

セルフエンパワメントメソッドは、自分の選択の力を取り戻すために心の仕組みとツールを学ぶプログラムです。

 

私たちは本当は、どんな考え方もどんな行動も望むままに選択する力を持っています。

 

けれども多くの私たちは、

落ち込みたくないのに落ち込んだり、やらなくてはいけないのに動けなかったり、

怒りたくないのに怒ったりと、自分の思考や行動なのに思い通りに出来ません。

 

それは、たくさんの矛盾する思考を信じているから。

たくさんの過去の記憶があるから。

 

このプログラムは、力づくや自分を責める気持ちからではなく、

自分の意思で望む行動を選択できる力を取り戻していくことはどういうことなのか、

知識と体験を通じて答えをみつけていくことを目的としています。

こんな方に

 

・どんな時も「自分」でいられる強さを思い出したい ・豊かさや幸せを自分に許しても良い頃だと思っている ・外に表現している自分と内側の自分のギャップをなくしていきたい ・自分がこの世界で輝いて生きることを許可したい
・不安な時に信じられる、相談できる仲間がほしい ・不安に陥った時にも大丈夫だという感覚を養いたい ・強い感情や体の感覚と楽に向き合えるようになりたい ・お金や行動の制限を外したい
・自分の人生こんなものじゃないはずだと思っている ・心のリミットを外していきたい ・真のパートナーシップを手に入れたい ・人生の変革期に必要な強さを手に入れたい

繊細で人生がちょっと生きづらい、このような思いを持つ方が

自分には選択の力があることを思い出して、あきらめていたことに挑戦していける

ための心のスクール

セルフエンパワメントメソッドでは何を行うのか?

セルフエンパワメントメソッドは、

最終的に自分が選びたい人生を選択できる自信を自分に取りもどすことを目的としています。

 

その為には次のことを段階的に経験していきます。

 

第一段階

その為に知っておくと役に立つ知識、ツールを手にするのが第一段階。

第二段階

手に入れた知識とツールを実際に使うことによって、

それらがどのような時に効果を発揮し、どのような時に苦しみを生むのかなどを体験するのが第二段階。

第三段階

このプログラムの中で信頼出来る友人を手に入れ、

実生活の中でどんな時にも自分を助けられる自信を育むのが第三段階。

そうやってどんな時にも自分は大丈夫なのだという自信がつけば、

過去に振り回されずに自分の選択が出来るようになります。

 

最終段階

これから人生でどんなことが起きても自分は大丈夫なんだという

安心感を手に入れることがこのプログラムで目指すところです。

セルフエンパワメントとは自分の力を取り戻すこと

私たちは、生まれた時はまっさらな何者でもない存在でした。

自分という人間には、どんな意味も付いていませんでした。

 

つまり、私たちはどんな自分にもなれる可能性を秘めていました。
自分に力を持っていました

 

しかし、生きていくにつれて私たちは

自分はどういう人間なのかという意味づけを

様々な経験を通してしていくようになります。

 

例:

  • 親に「お前は本当にバカだねぇ」と言われた→「私はバカなんだ」と意味づけた
  • 学校の先生は勉強が出来る子ばかりを褒めた→「私は頭が悪い」「だから私は愛されない」と意味づけた
  • 何も悪いことをしていないのにいじめられた→「私はきっと何かがおかしい」と意味づけた

 

そして、いつの間にか自分が付けた意味づけで、自分を制限するようになり、

自分が元々持っていた力を弱めてしまいます。

例:

  1. 「私はバカなんだ」と信じているからやりたいことがあるのに、転職に踏み込めない。
  2. 「私は愛されない」と信じているから、好きな人がいても愛情を表現できない。
  3. 「私は何かがおかしい」と信じているから、自分を社会に向けて表現するのに躊躇する。

 

そうやって「制限付き」のまま生きているので、本当はもっと活躍できる可能性のある人も

小さい殻の中に閉じこもったまま人生を過ごしてしまいます。

 

ここで大事なのは、この意味づけは「自分で付けた」ものだから

「自分で外せる」ということです。

 

ここで提唱するセルフエンパワメント(self-empowerment)は、

どこかから自信のありそうな誰かのイメージを借りてきて自信があるようにふるまうことではなく、

たくさんの「意味づけ」を取り払うことで

元々あった自分の自信を取り戻すことです。


その為に必要な知識とツールを手に入れ、自分のものにしていくのがこのプログラムです。

意味づけは取らなければ新しい人生を選択できないの?

そんなことはありません。

自分がその意味づけを持っていることに気づいていれば、

意図の力で自分の行動を変えることは可能です。

 

例:

  1. 「私はバカなんだ」と信じていても、やりたい仕事に一歩踏み出すことは可能。
  2. 「私は愛されない」と信じていても、好きな人に思い切って愛情を表現することは可能。
  3. 「私は何かがおかしい」と信じていても、思い切って自分を社会に向けて表現することは可能。

 

 

では何故長い時間をかけて知識やツールを経験することが必要なの?

 

それは上の選択は可能だけれども、実行に移すのはとても難しいことが多いからです。

 

例えば

「私はバカなんだ」と信じている自分がいるのに、

「私はバカじゃない。私にだって出来る!」と選ぶことが出来る人と出来ない人がいます。

また、同じ人でも選べる時とそうではない時があります。

 

どうしてでしょうか?

それは、その意味づけが自分にどれだけ真実味を持っているのか、

どれだけその意味づけが自分にとって大事であったのかによって異なってきます。

 

 

もしも、「私はバカなんだ」と信じることでようやく生きるバランスを取ってきた人が

急に「それでもそんなことを信じずに、怖がらずに一歩踏み出そう!」と言われても出来ません。

 

1つの知識、1つのツールが常に役に立つ訳ではない

 

その意味づけを選ぶことにした過去に戻り、過去の傷を癒す必要がある時もあれば、

過去の自分と今の自分の仲直りが必要な時もある。

その意味づけがいかに意味がなく、自分に役に立たないかに気づくことが必要な時もあれば、

その意味づけを信じるしか自分には選択肢がなかったのだと自分を許すことが必要な時もあります。

 

また、過去との対話も終わった、その意味づけが必要ないことも分かった

けれども、「習慣」となってしまった生き方を変えるには

継続的な選択が必要だったりもします。

 

心と思考は複雑です。エゴはどんな方法を使っても今のままでい続けようとします。

 

こんな時、たった1つの解決法をいつも使い続けるのではなく、

「こんな時にはこれだよね、こんな時にはあれだよね」という感覚を身につけることをこのプログラムではサポートします。

 

必要なのは自分の感覚を取り戻すこと

 

この力は元々私たちにあったものなのですが、様々なことが原因で自分の感覚が麻痺してしまっているのが混乱の原因です。

 

どんな時でも、すぐに気持ちを切り替えられれば良いのでしょうが、

出来ない時は出来ない。それを許すことも大切なことです。

 

こういう様々な矛盾の中に、自分なりの答えをみつけられるようになると

苦しい時に誰かを頼るのではなく、自分を頼れるようになっていきます。

セルフエンパワメントメソッドの流れ

知識

まずは、セルフエンパワメント初級講座で、

セルフエンパワメントの基礎知識を学びます。

コースA

知識、ツール、経験

知識、ツールを手に入れて、仲間とともに実生活で
サポートを受けながら自分の力を取り戻す工程を実体験する
6ヶ月間のセルフエンパワメントスクールから始める

バイロン・ケイティのワーク初級ワークショップ含む)

 

実生活にてスクールの内容を生きる、活用する

必要であれば

ツール及び経験
バイロン・ケイティのワーク中級ワークショップその他、今後追加されるツールワークショップを追加で受け、元に戻ろうとする思考と付き合って行く
コースB

ツール

セルフエンパワメントに必須のツール、バイロン・ケイティのワークを初級ワークショップにて学ぶ

実生活で自分なりにワークを実践して試行錯誤してみる

ツール及び経験
バイロン・ケイティのワーク中級ワークショップその他、今後追加されるツールワークショップを追加で受ける

知識、ツール、経験

知識、ツールを得て、かつそれらを時間をかけて経験することで
自分の力を取り戻す工程を実体験する
セルフエンパワメントスクールでこれまでの経験を自分の理解に落とし込む

 

セルフエンパワメント初級講座

自分の力を取り戻すこと(セルフエンパワメント)の基礎となる心の仕組みを知る講座。

 

何故こんなに生きづらいのか?それは心の中の恥ずかしさ、罪悪感が原因だった!
苦しんでいるときの心の仕組みが分かると対処法も見えてくる。

自分のことをもっと知りたいあなたが最初に受ける心の授業。

詳しくはこちらから

バイロン・ケイティのワーク 初級ワークショップ

自分を苦しめている原因「意味づけ」を知る。

その意味づけが真実なのかを問いかけることにより今まで見えていなかったことが見えてくる。

 

セルフエンパワメントメソッドの中心となるツール、バイロン・ケイティのワークの問いかけ方を実践を中心に学ぶワークショップ。

詳しくはこちらから

バイロン・ケイティのワーク 中級ワークショップ

「問いかけをより深める」

「全ては私たちの思考に過ぎない。真実なことは何一つない。」と言われても

この傷ついた気持ちや、悲しみの感覚は残っている。

簡単に「その考えを信じていなかったら」とは思えない。

 

そういう時、一体どんなアプローチをすると問いかけが続けられるようになるのか

何が心の引っかかりをとって、探求を深めるのを助けてくれるのか

 

セルフエンパワメントの中核となるツール、バイロン・ケイティのワークの問いかけをより深めるワークショップ。

詳しくはこちらから

セルフエンパワメントスクール

「今の生き方はもう十分だ。私は変わることを選ぶ。」と決めた

その為に助けになる知識、ツール、そして仲間を探している方の為の6ヶ月プログラム。

時間をかけて継続的に変革を浸透させていく自分の力を取り戻すスクール。

詳しくはこちらから

スケジュール

セルフエンパワメント初級講座

2020年9月27日(日)オンライン

 

バイロン・ケイティのワーク初級ワークショップ

平日日中コース
2020年9月17日(木)~10月15日(木)毎週木曜日 13:00~14:30
平日夜間コース
2020年10月1日(木)~11月5日(木)毎週木曜日 21:00~22:30

 

バイロン・ケイティのワーク中級ワークショップ

2020年9月19日(土)、9月20日(日)

 

セルフエンパメントスクール

2020年11月コース 
2020年11月~2021年4月まで

セルフエンパワメント推薦の声

私は、取り立てて不幸な子供時代を過ごしたとは思っていませんでした。

でも、日常生活ではいつも気を使い、人に迷惑をかけないように生きていて、

肩にいつも力が入っていました。

セッションを通して、小さな頃の私に会いに行くと、

母がよく私のせいでやることが増えて大変だと文句を言っていたことを思い出しました。

その時私は、母の迷惑にならないように、誰の迷惑にもならないように

何でも自分でやるようにすることを決めたことを思い出しました。

だからいつも周りに気を使って緊張していたのです。

「私は迷惑な存在だ」という思いが本当は嘘だったことが分かったときの

あの力を取り戻した感じ、涙を流したことが忘れられません。

 

セルフエンパワメントは、やっと私に生きる力を返してくれました。

Kさん(30代女性)