今後の予定


ワークについて知ろう!オンラインイベント
Zoom

2018年12月29日(土)13:00~16:00 

 2019年1月12日(土) 13:00~16:00 

2019年1月15日(火)10:00~13:00

>>詳細


2019年1月5日(土)6日(日)
バイロン・ケイティのワーク、ワークショップ

>>詳細


Image Alt

Open Your Mind, Open Your Heart

ひとりになるということ

NHKの朝ドラで、喜美子がとうとうひとりになってしまいました。

(見ていない人はすみません。)

 

これまで、両親に二人の妹がいて、それから結婚をして子供が生まれて、お父さんが亡くなっても、離婚をしても、お母さんと子供が一緒にいた、そんな当たり前に周りに人がいる生活から、子供が大学に行き、お母さんが亡くなると、突然ひとりになってしまう。

今までたくさん人がいて賑やかだった同じ家で、ひとり、ご飯を食べながら「ひとりのご飯にも慣れました。」というナレーション。そのシーンが出てきた時、その孤独に共鳴し、泣きたくなりました。

 

離婚をしたばかりの頃、急にひとりになった寂しさに、それでも何もできないことにもがきながらも、少しずつ慣れていったあの日々を思い出しました。

 

あの時、私の頭にあったのは羨ましさでした。

「いいなぁ、あの家は普通に夫婦でいて、子供がいて、楽しそうに週末の外食に出かけてきている。いいなぁ。」

そうやって商店街を歩く親子連れを羨ましく見ていたものでした。

でも、喜美子のひとりのシーンを見ていたら、これは誰にでも起こり得ることなんだなと思いました。

 

いくら離婚をせずに子供がいても、いずれ子は独立し、パートナーも先に旅立つかもしれない。

誰にでも、ひとりきりになる可能性はある。

 

「私だけ」かわいそう、と思っていたけれど、それは本当じゃありませんでした。

私がもしも幸運なのだとしたならば、ひとりを味わえるようになったことです。

ひとりでも、誰とも話さなくても、孤独で死ぬことはないことを学び、寂しいからという理由だけで、無理やりに人とつながらなくてもいいことを経験しました。

 

孤独の中には楽しみもあり、自由もあり、よろこびもあることを体験しました。

 

そして人とつながりたい時には、誰でもいいわけじゃないことも経験しました。

 

その上で、つながりたい人とはつながれることも経験しました。

ひとりは孤独。

孤独は寂しい。

寂しい私は恥ずかしい。

恥ずかしい私は、消えてしまいたい。

 

ひとつひとつ、問いかけてみると、すべて本当じゃないことがわかります。

ひとりがずっと怖かった私は、ひとりが大丈夫になり、本当に大切な人とつながる自由を得ました。

 

もしも、あなたがひとりになったとしたら、あなたにもギフトが用意されています。

すべての出来事は、あなたのために起きているのですから。

Post a Comment